*

縁は人が連れてくる;人気運命線の活かし方②

公開日: : 最終更新日:2014/08/29 運命線

人気運命線
こんばんは。
本日も鑑定依頼ありがとうございました。
皆様のご開運を楽しみにしております。

鑑定をしていると、人気運命線をお持ちの方を沢山拝見します。
この線は過去のブログでも数回取り上げておりますが、人に甘えて吉の相です。

しかし、人気運命線をよく見る反面、自力開運型の運命線は、真性のマスカケ線以上にお目にかかりません。

そもそも自力で開運しようとする方なので、占いに来ないのかもしれませんが、わたしは、圧倒的に人気運命線をお持ちの方が多い理由は、人は基本的に一人では生きていけないからだと思っています。

気学では、人との付き合い方や社会的な評価を受ける方法、事業や仕事を成功させるためにどの星の方との縁を作ることが重要か、が分かります。

しかし、この星は自分と同じ星には絶対にならないのです。(たとえば本命一白水星の方は一白水星以外の星しか対人関係に重要な星になりません。)

これも、自分のことだけを考えていては、社会的な評価を受けないし、事業もお仕事も上手くいかない事を教えてくれています。
そして縁は自分が苦手なことや、苦手な人から逃げないで取り組むことで作られます

自分が苦手な事や物事から逃げていると、縁は中々作られません。
皆様にも苦手なのに近寄ってくる人や、苦手なのになぜかやらされることはありませんか?

心当たりがあれば、それが逃げてはいけない事や人達になります。
最初は苦手だったことも、逃げないで取り組んでいくことで評価を受けて、縁は広がっていきます。

また、逃げずに取り組んでいけば、意識せずにドンドン縁をつかめるようになります。世の中の成功者はこのように縁を掴んでいくんですね。

人気運命線をお持ちの方は、まず断らずに甘えることを意識していきましょう。
そして、人間誰しも苦手なことや人がいますが、逃げずにクリアしていけば、自然と縁は作られていきます。

人生を変えてみたい方はぜひ明日から実践してみませんか?

google ad PC

関連記事

先輩、運命線が伸びましたね!

こんばんは。 本日は大変寒い一日だったようですが、沢山のご依頼ありがとうござました。 皆様のご開

記事を読む

人気運命線

循環の輪/人気運命線の活かし方

こんばんは。 皆様は3連休を如何お過ごしだったでしょうか。 わたしは、お陰様で沢山の方を鑑定させ

記事を読む

手相イラスト

勢いのある運命線

こんばんは。 本日も東京はカラカラの一日でしたね。 我が家の加湿器もフル回転ですが40%~50%

記事を読む

google ad PC

Comment

  1. KN172514 より:

    ケンタロウ先生へ

    私も毎日のように、換算と回答等には自分勝手に頑張り続けています。
    回答に対しては、コメントで・凄く当たっています、等での方も多いのですが、弊害で・・・
    当たり過ぎ?。バレ過ぎ!、情報漏えいでの早期処置!、質問削除での証拠隠滅をする
    方も後を絶たずで困っています(苦笑)
    ケンタロウ先生も、頑張って下さいね。

  2. ケンタロウ より:

    こんにちは。
    色々と大変そうですね。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    ケンタロウ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

  • 世界NO.1の手相家西谷泰人氏に弟子入りし,流年法(開運・恋愛・結婚時期の判別法),手相の育て方,開運鑑定法を学ぶ。
    手相のほか,タロット・紫微斗数・姓名判断・気学も習得。

    複合的な鑑定により”当たる”のはもちろん、”受けると運の良くなる鑑定”を心がけ日々鑑定しています☆詳しくはプロフィールにて。

    <運営サイト>
    けんたろうの開運手相鑑定

    手相の見方がわかる!HAPPY恋愛&婚活手相塾

google ad PC

follow us in feedly
ネットショッピングイメージ
チャンスをつかもう!

こんばんは。 鑑定士けんたろうです。 本日も沢山のご依頼ありが

Osho禅タロット
問題の本質を知るにはタロットが一番

こんにちは。 鑑定士けんたろうです。 気が付けばもう今年も2ヶ月な

新鑑定室
鑑定室が変わります!

こんばんは。 鑑定士けんたろうです。 もっと早めにお知らせする

7
変化数「7」

こんにちは。 けんたろうです。 本日も鑑定のご依頼ありがとうご

紫微斗数イメージ
飛星派紫微斗数講座 開講します

こんにちは。 けんたろうです。 本日も鑑定のご依頼ありがとうござい

PAGE TOP ↑