*

欽天四化紫微斗数でお妾命と言われた

公開日: : 最終更新日:2021/05/14 欽天四化紫微斗数

占い師けんたろうです。

先日電話鑑定をした女性のリピーター様が「最後にひとつ聞いて良いですか」
とおっしゃったので、お聞きすると、

「欽天四化紫微斗数でお妾の命と言われたのですが。。。」
とのことでした。

命盤をみると、子女宮に巨門Ⅾ(生年化忌)があり、 
欽天四化紫微斗数では、お妾さんの命と言われる命盤です。

お妾命とは、正式な結婚や結婚が安定しにくい命をいうのですが、

そうなる理由は手相や名前を見ればわかります。
(なにごとにもそうなる理由があります)

理由があるということは、結婚が安定しにくい命盤を持っていることを
認識し、そうならないように努力をすれば、
安定した結婚に変えることも可能です。

「お妾さんの命をお持ちで、結婚が安定している方はいますか?」
とリピーター様。

「はい。たくさん見てますよ。要はご自身がどうするかが大事ですよ」と私。

欽天四化紫微斗数や八字(四柱推命)で基本的によい命盤や命式はほとんど見ません。

では皆さん命盤や命式通りの人生を歩んでいるかといえば、必ずしもその通りではありません。

先天的に決められた出来事をどうするかは、結局その時の自分が決めていくのです。

自分の長所を知って、そこを伸ばし、短所を認識した上で改善に努めれば、
変えられる運勢もあります。

「あ~よかった。頑張ります!」との事でした。

ぜひよりよい未来をご自身の手で掴み取ってください!

欽天四化紫微斗数を始め、手相、気学、タロット、姓名判断等を
使い占い鑑定をしております。
詳しくはホームページをご確認ください。
https://kaiun-tesou.com/

有料メルマガ始めました。
登録は簡単で初月無料となります。
有料メルマガの画面をご提示いただければ、
鑑定料金を550円割引きいたします。
サンプルおよびご登録はこちらから
https://www.mag2.com/m/0001692540

google ad PC

関連記事

けんたろうの本音第15回は、自民党総裁選挙の行方、欽天四化紫微斗数鑑定(秋篠宮眞子様)

占い師けんたろうです。9月25日に「けんたろうの本音 第15回」を配信しました。 メインは自

記事を読む

けんたろうの本音第14回は、欽天四化紫微斗数鑑定、手相妊娠鑑定

占い師けんたろうです。 8月も25日となり、有料ブログ「けんたろうの本音」を本日配信いたしま

記事を読む

けんたろうの本音 第12回目はオリンピック、吉方位旅行、実践鑑定演習

占い師けんたろうです。6月もあっという間に終わり、一年の半分が終わろうとしております。 現在

記事を読む

紫微斗数イメージ

欽天四化紫微斗数、飛星派紫微斗数に関して

占い師けんたろうです。 紫微斗数に関してのお知らせです。 まず、欽天四化紫微斗数の上級

記事を読む

桃の花と若い女性

欽天四化紫微斗数でみる桃花のひとの恋愛、結婚について

占い師けんたろうです。 早いものでもう6月も終わりですね。 一年の半分が終わってしまいました。 皆

記事を読む

google ad PC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

  • 世界NO.1の手相家西谷泰人氏に弟子入りし,流年法(開運・恋愛・結婚時期の判別法),手相の育て方,開運鑑定法を学ぶ。
    手相のほか,タロット・紫微斗数・姓名判断・気学も習得。

    複合的な鑑定により”当たる”のはもちろん、”受けると運の良くなる鑑定”を心がけ日々鑑定しています☆詳しくはプロフィールにて。

    主婦の友社より、単行本・宝くじ当せん者の手相 「強運」は作れる!が販売中です。

    <運営サイト・メルマガ>
    けんたろうの開運手相鑑定

    手相の見方がわかる!HAPPY恋愛&婚活手相塾

メルマガ登録・解除
 

google ad PC

今年の10月盤吉方位に大開運方位がある!

占い師けんたろうです。 緊急事態宣言が解除され、当方の吉方位サ

六白金星の特徴

占い師けんたろうです。 10月に入り、緊急事態宣言もようやく解

複数の占術で自民党総裁選挙をみた結果

占い師けんたろうです。 9月25日配信の「けんたろうの本音 1

けんたろうの本音第15回は、自民党総裁選挙の行方、欽天四化紫微斗数鑑定(秋篠宮眞子様)

占い師けんたろうです。9月25日に「けんたろうの本音 第15回」を配

9月16日発売 宝くじを何回も当てた人、億を当てた人の手相

占い師けんたろうです。 8月25日配信の「けんたろうの本音」で

PAGE TOP ↑