占いを使い決断の時を知る

  • 2011年6月30日
  • 2021年5月16日
  • ブログ

(c) .foto project

2021年5月16日更新

こんばんは。
占い師けんたろうです。
本日も大変暑い一日でした。

6月も終わりを迎えましたが、私にとっては大きなポイントとなる月でした。
鑑定依頼を頂く件数も大幅に増えました。

特にお友達連れでご依頼を頂く件数、遠くからお越しいただける件数、
ご紹介で来て頂ける件数が前月に比べ遥かに増えました。

お越しいただいた皆様ありがとうございました。
7月度もよろしくお願い致します。

さて、消費税増税の時期があやふやなニュアンスのまま政府内で決まりました。
この曖昧さが次の混乱を招かなければいいと思います。
問題を先送りにして物事が解決した例を私はあまり知りません。

会社勤めをしていた時も、現場では早くジャッジをしてほしいのに、なかなか決断を下してもらえない。
気がつけば、物理的に不可能な状態になり、問題は次月へ繰越。。。
なんてことが沢山ありましたね。

どんな問題もそうですが、決めるときは決めなければいけないと私は考えます。

よく、「会社を辞める時に勇気がいりませんでしたか?」と聞かれますが、
わたしはあんまり不安はありませんでした。

手相、気学、姓名判断で時期をしっかり見極め、準備していたからです。

気学は占いではないと言う先生もいます。
気学は天体学だからだそうです。

当たったのではなく、自然の法則にしたがって結果が出ただけだと言う事ですね。
気学を学ぶと個人の運気、経済の流れ、業界動向まで手に取るように分かります。

決断を迫られる時は、きっと誰にでも訪れます。
時期を知り、準備をしてその時を待つ。

そう、そしてあとは決断をするだけです。
皆様が占いを活用し、よい決断をくだせますように!

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。