気学が示すテレビ業界の今

こんばんは。
本日も鑑定依頼ありがとうございました。
皆様のご開運を楽しみにしております。

今週は夏休みの方が多いのではないでしょうか?
吉方位旅行に行かれる方は土地で取れる食べ物を沢山食べて、よく寝て(これが重要です)、よく楽しんでくださいね。

さて、月曜日に発売の週刊誌を読んでいたら、最近テレビが面白くなく、
実に11%の方がテレビを見ていないと答えたそうです
(こちらは統計方法により変動すると思われますが)。

スポンサー離れによる制作費削減もあり、低予算で作れる番組やクイズ物、韓流番組の垂れ流しが原因ではないかとの事でした。

また、巷では節電のためにクーラーの設定温度を28℃と謳っておりますが、
実はテレビを消せばエアコンの1.7倍は節電出来るとか。。。
まっ、この件が本当だとしてもテレビでは伝えにくいですよね。

気学の年盤を見ると、このテレビ業界の置かれたスタンスが分かるから面白いですよ。

今年の年盤は三碧木星が北に回座しております。
三碧木星の象意は、音に関する事が主です。
その中には電気(電気業界)、テレビ(テレビ業界)があります。

北は陥入、貧乏、衰えるという意味合いがあり、北に回座する時は、その星は少なからず運気が低下します(星により影響を受ける度合いが違います)。
2011year
そして、三碧木星の後天定位は東なのですが、
今年の東には五黄土星が大歳を伴って回座しております。

簡単に言うと、三碧木星が示す象意が段々と腐敗していく状況にあります。
今年は、テレビ業界、電力会社は非常に厳しい状況に置かれていることが分かります。

では、今後は・・・?となりますが、今年は厳しいでしょうが(まだテレビ業界は膿を出しきっていないようです)、現在の低視聴率化、テレビ離れの状況を改革するため、今年、来年と新しい放送のあり方模索したテレビ局は、再来年には再飛躍があるのではないでしょうか(再来年は後天定位の東に三碧は回座します)。

気学を知ると、世の中の流れがわかるのでとても面白いですよ。
一年の天候やその月の天候、どの場所に雨が多いかなんてこともわかってしまいます。
メイドインジャパンの素晴らしい学問なのです。

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。