複数のタロットカードを使うことで的中率があがる

こんにちは。

占い師けんたろうです。

今回はタロットのお話ですが、当方は鑑定の際に複数のタロットカードを適材適所に使っています。

それはそれぞれのカードに特徴があるからなのです。

最初は大アルカナの一枚引き

色々な鑑定スタイルに変化したけんたろうの鑑定ですが、現在は吉方位、引越し鑑定以外は相談を聞く前に大アルカナを一枚引いて頂いています。

この一枚引きのカードに相談者の悩みの理由やアドバイスがきっちり出てくるからです。

心の中を知りたい場合は和尚禅タロット

次に心の中の状況を知りたい場合は和尚禅タロットを使用します。

このカードに描かれている絵には本当に不思議なくらいクライアントさんの状況が映し出されます。

「なんでこんなに状況がわかるんですか?まさか全部同じカードとか。。」と言ってタロットカードをチェックした方も一人や二人ではありません。

詳しい状況や推移を知りたい場合はイーチンタロット

基本的にタロットカードは、質問の答えを教えてくれるものではありません。

質問はわかるよ、でも今大事なことはこれなんだよ!

そんな感じです。

しかし、イーチンタロットとは「易」の64卦をカードにしたものなので、吉凶がはっきりでます。

状況を知りたい場合は迷わずイーチンタロットを使います。

サラリーマン時代の先輩を鑑定したケース

12月のとある日、サラリーマン時代の先輩が鑑定にいらっしゃいました。
ご自身のお仕事のこと、ご子息の受験のことが相談のメインでした。

最初にタロットカードを引きましたが、メッセージは「心で決断」でした。

どんな相談内容だとしても、カードは心で決断をしないと悩みが解消しないことを教えてくれています。

その後、セッションを続け、ご子息のお話になりました。
受験でどの学校が受かるか、どこの学校にいくべきかとの相談です。

まず受験の場合、私は飛星派の紫微斗数を使い、合格の可否をみます。
飛星の結果、よい星が入りましたので、「まず受かると思います」と伝えました。

次にイーチンタロットで複数の学校の受験結果を見ました。

この学校は~、こっちの学校は~、こちらの学校だと~と伝えると、あまり占いが好きではない(が困ると頼りにされます)先輩も、「あってる。判定結果もその通りだった。」とびっくりしていました。
続けて、それぞれの学校に入ったらどうなるかを和尚禅タロットを使いアドバイス。

ご子息にとってよい学校を伝えました。

そして、つい先日ですが先輩からメールが届きました。
無事に合格し、鑑定して貰った状況と家族の喜び方がまったく一緒でさらに驚きいたとのことでした。
学校もよいカードが出たところに決めたとのことでした。

最初に引いたカードのメッセージ通り「心で決断」したようでなによりです。

とにかく良かったですね。先輩おめでとうございます。

このように相談内容により、複数のタロットカードを使い分けられると、的中率も格段に上がると思います。

今年中に禅タロットの講座も行いたいと考えています。
※追記 2022年現在はマンツーマン講座を行っております。

講座の詳細は以下をご確認ください。

けんたろうのタロット講座 和尚禅タロット|@東京(上野・御徒町)|初級からプロの方まで (kaiun-tesou.com)

連休も終わりですが、明日からまた頑張りましょう。
皆様のご開運をお祈りしております。

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。