けんたろうの本音第8回目はマスカケ線について

占い師けんたろうです。
2月もあっという間に過ぎ去ります。

年を重ねたからだと思いますが、最近は本当に1日があっという間です。

気学、四柱推命は2月3日23時59分から、
紫微斗数の世界では、2月12日から一年が始まりました。

その間コロナウイルスに感染された方の数が減少に転じましたが、
減少スピードが鈍化しているようで、緊急事態宣言の解除に関して難しい判断が
迫られます。

判断が難しい原因はオリンピック開催にあると思います。

時事ネタはオリンピック関係者を気学を使って解説

有料メルマガ、けんたろうの本音第8回目ですが、
今回の時事ネタは管総理、二階幹事長、森前会長、橋本聖子新会長の共通点。
そこから見えるオリンピックの困難さを解説しております。

また、上昇していた株価が怪しい動きを見せ始めています。
気学からみる危険な月を解説しております。

書籍には載っていないマスカケ線の解説 前編

メインはマスカケ線の解説です。

どの書籍にも書かれていないマスカケ線の特徴。
そこから見える開運方法を解説しております。

以下ダイジェストになります。
続きが気になる方はぜひ登録をお願いいたします。

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。





マスカケ線の最新記事8件