けんたろうの本音第20回は、ロシア情勢、運命の輪の世界観、相性鑑定、手相流年法

占い師けんたろうです。

早いもので今月ももう残すところあとわずかとなりました。

東京のコロナ新規感染者もようやく下降トレンドになり、
新年度に向けて好材料と思っていたら、
燻っていたロシアによるウクライナ進行が起きてしまいました。

今年は五黄中宮の年であり、整える時代にむけた大事な年です。

混沌とした現状を正しい方向に進めていく各国の対応リーダーに注目です。

この現状のやり取りによって、任せてよりリーダーなのか、そうでない人なのかがわかります。

ロシアはウクライナに進行するのか

オリンピックがメダルラッシュで幕を閉じましたが、
昨年から燻っていたロシアのウクライナ進行が
現実味を帯びてきました。
見る人からみれば、すでに第三次世界大戦は
始まっているといいます。

五黄中宮の年に起こる紛争のひとつで収まるのか、
それとも大きなうねりとなって世界を巻き込むのか。
プーチン大統領の運気から流れを見ていきます。

「運命の輪」の世界観

先日、羽生結弦選手が努力のお話をされていました。
努力が報われる世界観もあれば、関係ない世界観もあります。
今回はタロットカード「運命の輪」の世界観をみていきます。

相性について

恋愛鑑定をしていると、ほぼ間違いなく聞かれるのが、
相手との相性です。
相性をどのように鑑定しているのかを「鬼滅の刃」
などをもとにみていきます。

手相生命線流年法

最後は、生命線の流年を細かく小分けする方法を
お伝えいたします。
これを知ることで、流年の的中率が向上します。

以下ダイジェストとなります。

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。