手相 二重知能線をお持ちの方は、二つ同時並行が開運のポイント

  • 2018年10月27日
  • 2022年4月29日
  • 知能線

こんばんは。
占い師けんたろうです。

最近はめっきり暗くなるのが早くなりましたね。
さきほどまで鑑定していた方とそんな話題になりました。
もう季節は秋から冬に移り変わっているようです。

知能線とは?

さて、昨日のブログでお伝えした通り、本日は手相の二重知能線のお話です。
知能線とは、親指側から薬指の方に横断したり、下に斜めにさがっていく相です。

よく頭脳線ともいいますね。
呼び方はどちらでもよいと思いますが、当ブログは知能線で進めていきます。

二重知能線とは?

知能線が2本ある又は、知能線が枝分かれしている相の事です。

現代はこの知能線を使う事で金運を得る時代です。

知能線が2本又は枝分かれしていると言うことは、人の2倍のお金を稼げる可能性があります。

先日お越し頂いた方の場合

先日お越しいただいたお客様は恋愛、結婚、お仕事を見てほしいとのことでした。
現状をお聞きする前にタロットカードを引いてもらい、お話を聞かせて頂きましたが、特に現状に不満がある訳ではないようです。

そこで手相を拝見しました。


まず目に飛び込んできたのは、知能線の先がふたつに分かれていることでした。(手相鑑定の場合は、都度一番最初に目に飛び込んでくる相が変わりますが、最初に目につく相が一番ポイントになる場合が多いです)

この相は、何でもよいのですがふたつのことをバランスよく行っていなければ、満足感が得られにくい相です。

たとえば、仕事だけしかしていない、専業主婦をしている、趣味しか充実感を感じないなどの場合に、漠然とした不安や不満足感を感じます。

逆に言えば、ふたつのことを出来ていれば満足度は上がります。

仕事と家庭を両立している、趣味と仕事を両立している、本業と副業をしているなど。

どっちが主で、どっちが副と意識できるよりも、どっちも大事です、どっちも主です、同じくらいの分量ですなど、おなじくらいのバランスだと認識しているほうがよいです。

このお客様の場合は、現状特に問題がないようなお話でしたが、鑑定を受けにいらした理由は、二つ同時に夢中になるものが無いからだと思いました。

仕事と恋愛(結婚)を両立することや、本業と趣味をバランスよく行ったりすることが、漠然とした悩みを解消する方法になるのでしょう。

お仕事に不満がないのであれば、趣味を見つけて同じように頑張ればよいですし、結婚をお望みであれば、結婚をされた方が、お仕事との両立が出来るので、満足感はあがると思います。

また、結果的にですが、この方の場合趣味で長年続けているものがあることが、鑑定の最後にわかりました。

そちらを育て、講師で副業をしたり、ボランティアで教えることも満足感に繋がると思います。

皆様も知能線が枝分かれしていたり、明らかに知能線が2本ある場合は、なんでもよいので同時並行して吉ですよ!

いろんな理由を付けて諦めてしまうともったいないです。

ちなみに最初にお客様が引いたタロットカードは「戦車」のカードでした。
次回は、タロットカードの「戦車」の視点を書いてみようと思います。

皆様のご開運をお祈りしております。

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。