気学 日盤の見方 六白中宮編

占い師けんたろうです。

本日は六白中宮の日です。

午前中に鈴木財務大臣がぶら下がり会見で、「日銀は政府の子会社にあたらず」との発言をされたようです。
本日の日盤にぴったりな内容なので、今回は日盤の見方についてみていきましょう。

 

まず中宮の星をみる

 

これは、気学の基本ですね。

日盤に限らずに、年盤、月盤、時盤、すべて中宮の星が主役です。

どなたにも中宮に廻座した星の象意が出やすい日となります。

本日鑑定にお越しいただく皆様の悩みも中宮の星が中心となります。

中宮とは真ん中の宮のことで、図でいえば六白金星が廻座していることになります。

六白中宮の場合

2022年5月13日金曜日(あっ、13日の金曜日ですね)は六白中宮の日です。

六白の主な象意は、資金、政治、株価、目上、父、会社、車、機械、戦争など。

5月23日でいえば、ニューヨーク株式市場でダウ平均株価が103.81ドル下がったニュースを皮切りに、
東証は終値678円高となり、2万6千円台に回復、そして日銀は子会社ではない発現という感じです。

六白金星が本命星の方は、なにかしら目立つことが起こりやすい日となります。

暗剣殺が廻座している星をみる

 

暗剣殺が廻座した星が、ダメージを受けやすい本命星や象意となります。

表記上はカタカナの「ア」がついている星(図でいえば七赤金星)が暗剣殺が廻座した星となります。

六白中宮の日は七赤金星に暗剣殺がつく

六白中宮の日は七赤金星に暗剣殺が廻座します。

七赤金星が廻座している宮は乾宮といって、六白金星のもともとの居場所です。

そこに暗剣殺がつくので、本日七赤金星の方は何かしら上記のような象意に問題が出ます。

わたしの長男くんは本命星七赤金星ですが、朝から嫁さんに怒られて泣いていました。

乾宮は大きな資金の宮なので、日銀や財務省はまさにこの宮の象意となります。

財務省からみると日銀が政府の子会社のような役割なので、国債をいくら銀行から買い入れても問題が無い的な論調が横行することが暗剣殺なのでしょう。

財務省がメディアを使い、国の借金は国民の借金であり、増税をしないと将来の子供たちに借金を残すことになりますよ。

国そのものも破綻してしまいますよ~という論法が、使えなくなるのを恐れるからでしょうね。

ちなみに財務省に結果的に言いなりになった野田前総理と、財務大臣に抑え込まれ緊縮財政を行った菅前総理、緊縮財政派と言われる岸田現総理は、本命星七赤金星です。

乾宮に廻座すると、暗剣殺が刺さる七赤金星の総理大臣では、財務省に勝てません。

破壊が廻座している星をみる

 

破壊が廻座している本命星は、なにかしらを破りたくなります。

また物事の場合は壊される現象が起きやすくなります。

表記上は「破」となり、図では三碧木星に廻座しています。

三碧木星に破壊が付く場合

2022年5月13日は三碧木星に破壊がついています。

廻座している宮は坤宮なので、、サラリーマンの方は会社を辞めたくなるような出来事が起こる人もいるでしょう。

母や妻と喧嘩をする人もいるでしょうし、古い考え方に対して反論する三碧木星本命星の方も出てきます。

上記に触れた日銀は子会社ではないという発言に対して、ユーチューブなどのインターネットを使い、反論が出てくると思います。

破壊が付く日は破壊することが自然です。
ただし破壊をしすぎると大きく恨まれることもあるので、破壊した後のフォローが大事になります。

陥入している星をみる

 

陥入している星はその日悩みや人間関係のトラブル、お金に関する問題や健康問題などを感じやすくなります。

一番下の宮に廻座している星が、陥入している星になります。
図でいえば、二黒土星が陥入していることになります。

六白中宮の日は二黒土星が陥入

二黒土星は土属性の星なので、水属性の宮である坎宮(陥入とはこの宮に廻座すること)と相性がよくありません。

従って、この日は二黒土星にとっては大きく悩ましい日となります。

鈴木財務大臣が二黒土星です。

二黒土星は六白金星に逆らえない星の関係です。

六白の本命星を持った方。。。義理の兄である前財務大臣がそうですね。。。

財務省も六白ですね。。。

財務省に逆らわない岸田内閣ならではの人事が気学でみるとよくわかります。

鈴木財務大臣にとっての陥入は、4月11日の決算委員会で西田昌司参議院議員と財務省、日銀のやり取りを聞き、西田議員の説明に理解を示しながら、立場上否定をしなければいけない悩みがでているのかもしれませんね。

ちなみに上記で触れたように本日破壊は坤宮にあり、この宮は二黒土星の本拠地です。

本日は二黒土星の方は中々大変な日となります。

自分の星を見る

ご自身の本命星が六白金星、七赤金星、二黒土星でない且つ、破れが廻座していない場合は、どの宮に廻座しているのかをみます。

本命星 一白水星の方

離宮に廻座しています。
一白水星と離宮は相性がよくありません。
母親や奥さんと仲が良くない方は、隠し事が露見したり、喧嘩に注意の日です。

本命星 三碧木星の方

坤宮に廻座します。
何かを準備中の方は焦らずに進めていかないと、ストレスが溜まる日となります。
特に母親や奥さんとは意見が合わない日となります。

本命星 四緑木星の方

震宮に廻座するので基本的によい現象が期待出来る日です。
新しいと名がつくことを積極的に行うとよい日です。

本命星 五黄土星の方

巽宮に廻座しますが、五黄土星と相性のよくない宮です。
ご自身の行動にブレーキをかけられます。
この日は言動に注意です。

本命星 八白土星の方

兊宮に廻座します。
喜び事や恋愛運がよい日です。
女性の方で、この日に出会いがあれば結婚まで進む可能性がある方です。

本命星 九紫火星の方

艮宮に廻座します。
この日のテーマは家族なので、家族に関する何かを変えたくなります。

まとめ

六白金星中宮の日は、政治や資金、株価、目上、父、車、機械などの象意がテーマとなる日です。

暗剣殺は七赤金星に廻座するので、特に七赤金星の方はこれらの問題には注意が必要です。

破れは固定ではありませんが、廻座した方は破壊現象をしたくなりますが、やりすぎに注意です。

陥入する星は二黒土星となり、水と土の相性上から悩ましい一日となりますが、ゆっくりと色々なことを考えられる日でもあります。
無理は禁物ですよ!

他の本命星でいえば、一白水星と三碧木星、五黄土星の方も中々思うように行かない日なので、大きな決断などは避けて吉です。

気学を基礎からマンツーマンで学べる講座を行っております。
ご興味がある方は以下をご確認ください。
気学が分かると、世の中の仕組みや、運気の盛衰が手に取るようにわかりますよ!

けんたろうの開運気学講座|@東京(上野・御徒町)|初級からプロの方まで (kaiun-tesou.com)

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。