吊された男

2018年前半 安倍総理、麻生財務大臣、貴花田元相撲協会理事、米山新潟知事の共通点とは?

お久しぶりとなります。
占い師けんたろうです。

本日もご依頼ありがとうございます。
4月も中旬を過ぎようとしていますが、皆さま新生活は如何でしょうか?

私事で言えば、長男君が無事に小学生となり、毎日楽しそうに学校に行っています。
幼稚園の頃は、家に帰るとすぐにゲームという生活だったのが、今は、元気に新しく出来た友達と外に遊びに行っています。
余りの違いに面喰いますが、よい変化だと喜んでおります。

新しい環境は大変でもありますが、自分を変えるチャンスでもありますね。
何かを始めようか悩んでいる方はぜひ前向きに進めてみてはいかがでしょうか。
始める前は大変だと思っていたこともやってみれば、案外そうでもないとなるかもしれませんよ。

安倍内閣総理大臣、麻生財務大臣、貴花田元相撲協会理事、米山新潟知事には邪魔が入る

この方達は3月~4月にかけて色々とメディアで身にする機会が多いです。
この方達には共通点があるのですが、お分かりの方がいらっしゃるでしょうか。

この方達は、気学でみると今月ご自身のテーマ、行動、結果のどこかに邪魔される星が廻座しているという共通点があります。

象意はメディア、嘘、虚偽、デマ、音あって形無し、風評、インターネット、新しい、東。
主に上記のような邪魔が入ります。

安倍総理の場合

たとえば安倍総理に関しては、皆さまご存知の森友、加計問題の報道による支持率の低下、日本からみた東の国であるアメリカによる二国間貿易の圧力、放送法4条撤廃に対するメディアの反発などが邪魔に当てはまると思います。

麻生財務大臣と米山知事はもっと大変

占術的には、この4名の中で大変なのは、安倍総理よりも麻生財務大臣と米山知事です。

安倍総理と貴花田元理事に関しては、今月の下旬から来月になれば邪魔を感じることが少なくなっていきますが、麻生財務大臣と米山知事は5月に近づくほど邪魔の度合いが増します。

このようなときは、すぐにミスを認めるか改めるのが吉ですね。
邪魔に反発すればするほど、邪魔の度合いが増します。

ニュースをみる限りですが、麻生財務大臣はますます巨大な邪魔を受けそうであり、米山知事はこれ以上は邪魔が入らなそうですね。

麻生大臣からすれば、「俺には関係ない」となるのかもしれませんが、まさにそれが邪魔ということです。
早めに手を打たないと5月、6月とさらに悪化する可能性があります。

四人に共通することは磨かれること

この4名の方は今年、気学でみると磨かれて玉になる方々です。

よって色々と大変なことが特に一年の前半に起こりますが、これらを誠実に対応すればその後の運気上昇につながります

特に磨かれなければいけない出来事が起こるのが、3月~5月初旬です。
一般的には本命星一白水星の方が大小あれども現在何かしら邪魔が入っていると思います。

しかしそれは一時的なものです。
早い方であれば来週の頭くらいから随分と楽になるはずです。
ここで耐えたり、頑張った方にはその後評価を受ける状況が期待できます。

タロットカードのアドバイスは吊るされた男

吊された男
今月の一白水星の方にぴったりなタロットカードは「吊るされた男」です。

このカードは一見辛い状況に置かれていても、価値観の転換を図ることで、吉に転ずるよいカードです。

ちょっと力を抜いて楽にしてみましょう。

今はそれでよいということです。
今の状況を受け入れ、前向きになることが出来れば、今年の一白水星の方は大きな飛躍が期待できます。

皆様のご開運をお祈りしております。

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。