紫微斗数 化科星は聡明、継続、桃花の星

紫微斗数でとくに大事な星である生年四化のひとつ化科についての解説となります。

化科星は聡明、継続、桃花の星

どなたの命盤でも必ず生年化科がひとつ配置されますが、どの宮(人の宮なのか事の宮なのか)に配置されるかにより聡明、継続、桃花(恋愛運)のどの象意が出るかが変わります。

たとえば、命宮に生年化科があれば、気品があり、博学。

遷移宮にあれば、自分のイメージを大事にします。

小室眞子さんの命盤は遷移宮に生年化科が配置されています。

奴僕宮など人の宮にあれば、桃花(異性縁)があり、良い意味でも悪い意味でも人との縁が続く傾向があります。

また、この星は生年化禄と同様絶対の星ではないため、その確率は理論上100%とはなりません。

理論上100%になる星は化権星と化忌星ですが、こちらは下記のブログをご参照ください。

ただし、生年化禄と同様、生年化科に自化があれば、理論上100%となります。

こちらは下記のブログをご確認ください。

欽天四化紫微斗数では化科と化権星は同組としてみますので、同じような象意を共有数場合があります(詳しくは欽天四化紫微斗数講座で学べます)。

命宮、夫妻宮など各宮に生年化科星がある場合の見方

簡単ではありますが、各宮に生年化科がある場合の象意は下記の通りとなります。

ただし、上記に記載した通り、生年化科単体では理論上絶対とはいえません。

命宮に生年化科がある場合

聡明で博識、温和な顔立ちでソフトな印象。

サラリーマン命。

兄弟宮に生年化科がある場合

兄弟、母親との関係は良好。

お受験向き。

学歴が高い

夫妻宮に生年化科がある場合

紹介で結婚の可能性。

配偶者は良い人で貴人。

配偶者はサラリーマン。

子女宮に生年化科がある場合

子供が聡明。

桃花が強い。

財帛宮に生年化科がある場合

芸術、文学方面のお仕事で稼ぐ。

財の使い方は計画的。

疾厄宮に生年化科がある場合

IQが高い。

太りやすい。

遷移宮に生年化科がある場合

外でのイメージを大切にする。

外でよい人間関係に恵まれる。

奴僕宮に生年化科がある場合

桃花が強い。

友人との関係良好。

官禄宮に生年化科がある場合

成績優秀。

資格を使ったお仕事。

お仕事をそつなくこなす。

田宅宮に生年化科がある場合

家の中に本が多い。

家を持てる。

内勤、家でお仕事。

福徳宮に生年化科がある場合

ご先祖からの福がある。

出費は計画的。

趣味の充実。

父母宮に生年化科がある場合

成績優秀または、知能が高い。

父、母との関係は良好。

飛星派紫微斗数、欽天四化紫微斗数では生年化科は病気の象意

飛星派紫微斗数、欽天四化紫微斗数では生年化科はとくに病気の象意として見ていきます。

生年化科がある宮はそれだけでその宮が表す病気が注意となります。

たとえば、辰か酉の宮に生年化科がある女性はそれだけで乳がんに注意となります。

また、生年化科はひとつしか配置されませんが、自化科(後天発生)は人により2以上つくケースもあります。

複数ある場合は無い方よりも病気の可能性はあがります。

ただし、現在の医療環境を考えれば、早期発見で対処可能な病気も増えてきていますね。

生年化科星は化忌星の禍を解厄する星?

飛星派紫微斗数では生年化科星は木の星。

生年化権星は水の星。

木は水を吸い取るので、化忌の禍も吸い取るという理論です。

しかし、実際は生年化忌星の禍を解厄する星は他の星となります。

まとめ

生年化科星は、勉強や学習、お仕事をみる際にはとても良い星ですが、一方で異性縁過多や腐れ縁や病気を表す星でもあります。

化禄星、化権星、化忌星に比べると地味目な星ですが、学習や恋愛、健康を司るとても大事な星となります。

お子様の命盤で生年化科星が兄弟宮、父母宮のどちらかにあれば、お受験の合格率はかなり跳ね上がると思います(詳細は命盤全体をみる必要があります)。

父母宮から向心力C(化科)が命宮に飛星し且つ、生年化科が財帛宮にあれば、この命盤をお持ちの方は、結構な相続が期待できますよ!

 

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。