結婚

縁がある相手が二人現れた方の結婚実話

占い師けんたろうです。

今回は実際にあった結婚に至るまでのお話です。

手相には2年後に結婚のサイン

Aさん(男性)を始めて鑑定したのは3年前。
彼はすでにお付き合いをしている方(Bさんとします)がいるとのこと。

結婚を前提に田舎から東京に来てもらい同棲中。
結婚はいつごろできますか?と聞かれました。

手相をみると2年後に結婚を感じさせる恋愛線が入ってました。
「結婚は2年後だと思いますよ」
「ただ、相手は違う方かもしれませんね。」
「もうひとり好きになる人が出てくると思います。」と私。

この鑑定には根拠があります。手相は想いが刻まれます。
初めて出会う、初めてお付き合いをする場合の方が恋愛線は長くはっきり入ります。2022年5月追記

恋愛線は以下のサイトもご参照ください。
恋愛や結婚の鑑定をする時に重視する線は恋愛線
手相で恋愛の時期が分かる 恋愛線の見方とは?

鑑定通り縁が深い相手がもう一人

後日、気学で見たところAさんとBさんはとても縁が深い。
ただ、姓名判断で見ると、結婚するまでは大変な感じがしました。
結婚まで(欠点を)我慢できれば、結婚後はすごくいいお嫁さんになる人だと伝えました。

Bさんとは喧嘩を繰り返しながら仲良く生活をしていたAさんですが、
ちょうど1年前にとても気になる人が出てきました。

そこで2度目の鑑定を行いました。
「Bさんもとても縁が深いですが、この方(Cさん)もとても縁が深いです。」

どちらを選択するかはAさん次第。
AさんはBさんと別れCさんと付き合う道を選びました。

AさんはCさんはと結婚したのか

結果、昨年の12月にAさんは晴れて入籍をする訳ですが、結婚した相手はCさんではなくBさんでした。

Bさんは別れを告げられて後も諦めずに、Aさんに定期的にメールで連絡をしてました。
Cさんとの付き合いが上手くいかなかったAさんの気持ちも、献身的に連絡をしてくるBさんに再び向かったのでした。

縁がある相手なら諦めてはいけない

昨年結婚する線も違う人と恋愛する線も手相には刻まれていましたが、
どちらを選ぶかはAさんに選択権があり、結果はBさんの熱意がAさんを動かしました。

結局運命は決まっていたとする考え方もあれば、Bさんが運命を引き寄せたとの見方もあると思います。

みなさんはどちらだと思いますか?

私はBさんが運命を引き寄せたと思ってます。
ちなみにこの2人は紆余曲折ありましたが、今はとても幸せそうです。

意志あるところに道は開ける。
私はこの言葉が大好きです。

手相を始め、欽天四化紫微斗数、気学、タロット、姓名判断等を使い、占い鑑定をしております。

各種占い講座も随時ご受講いただけます。


有料メルマガ「けんたろうの本音」(初月無料)を発行しております。

有料メルマガの画面をご提示いただければ、鑑定料金を550円割引きいたします。